北名古屋で債務整理・借金の相続でお悩みなら北めい司法書士事務所

雑感

借金の返済ができなくなっている方へ
借金をすれば、返済をするのが当たり前ですが、返済ができない状況に陥ることがあります。
電話での催促や取立てなどが頻繁になれば、ご家族も疲弊してしまいます。

借金は、放っておいても利子だけがどんどん増え続けるものです。
どうにもならない場合には、債務を整理することを考えてください。
債務整理には四つの方法があります。 返済が困難で、収入も十分得られない場合には、自己破産という方法があります。安定した収入があれば任意整理を選択できるでしょう。
他に、民事再生や特定調停という方法もあります。

当事務所では、債務整理をするためのサポートを行っています。
ご相談いただければ、一番良い方法をご提案します。
借金の返済でお困りの愛知県北名古屋市にお住まいの方は、生活の再建を図るために、当事務所へご相談ください。
投稿者 admin | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
債務整理についてお悩みの方へ
当事務所は、相続や債務整理でお困りの方が一日も早く問題を解決できるよう、力を注いでおります。

不景気と言われる今の時代、なんらかの理由で債務がかさんでしまう方も珍しくはありません。
中には、何十年にも渡り、返済を続けている方もいらっしゃいます。
また、返済が困難となり、あらたにほかの金融機関から借り入れをして返済に充てている方も多く見受けられます。
こういった悪循環を繰り返す前に、ぜひ当事務所へ一度ご相談ください。
当事務所では、ご相談者さまの債務の総額と支払年数、金利を照らし合わせ、その方にとって一番良いと考えられる方法をご提案いたします。

借金が膨らんでしまってお困りの愛知県北名古屋市方面の方は、おひとりで悩まれず、一度当事務所へお問い合わせください。
投稿者 admin | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
愛知県北名古屋市在住で借金でお悩みの方へ
世間がバブルで賑わっていた頃、景気のよい話があちこちで飛び交う一方で「カード破産」が問題となりました。
若者がひとりで何枚ものクレジットカードを所有し、高級ブランド品を買い続けるうちに支払い額が膨れ上がり、それを支払う為にキャッシングをして返済するという自転車操業の果てに自己破産を余儀なくされるケースが社会問題となりました。

現在もカード破産が繰り返されているのが現状で、雇用不安や長引く不況など不安定な社会情勢が背景にあることが伺えます。

当事務所にもクレジットカードによる多重債務についてご相談される方が大勢いらっしゃいますが、状況に応じた債務整理をご提案させていただいております。

当事務所は相続や債務整理に強い事務所であるとの評判を賜っており、これまでも多数の債務整理の実績がございます。
投稿者 admin | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
愛知県北名古屋市に在住の債務整理希望の方へ。
当事務所は、債務でお困りの方が、少しでも早く借金を整理し、人生を再出発できるよう、お手伝いをさせていただいています。
債務の額が少ないほど手続きも簡単ですみます。
すこしでも早くご相談下さい。 債務整理は、任意整理、民事再生、自己破産、特定調停に分けられます。
それぞれ、メリット、デメリットがありますが、任意整理のみ裁判所に行く必要がありません。
任意整理は、利息制限法の上限金利で計算しなおし、債務が残る場合に利息を無にし返済について和解する方法です。
場合によっては債務の圧縮ができ、過払い金の返還を請求することができます。
しかし、ブラックリストに登録されて、7年間くらいクレジットカードを使用することができません。

ひとりひとりの状況にあわせて、借金を解消致します。
投稿者 admin | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
遺言書を作成し、トラブルを未然に防ぎましょう。
民法改正が成立し、婚外子の遺産相続分を嫡出子の半分とする規定が削除され、婚外子と嫡出子が法の元に平等となりました。
しかしながら、今後もトラブルが増加することが考えられます。
残されたご家族が安心して財産を受け継ぐことができるように、専門家にアドバイスを受け、公正証書遺言を残すことをお勧めいたします。

遺言が無ければ、相続人全員の意思を確認して書類を作成する必要がありますが、相続人同士で意見がまとまらない、相続人に連絡が取れないなど、トラブルになることも多いのです。
遺言書があることで、無用なトラブルを未然に防ぐことが出来ます。

遺言書の作成は、専門家である当事務所まで、お気軽にご相談ください。
只今、無料相談を受け付けております。
投稿者 admin | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
1